FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムーンライト・シャドウ

ある日病院の待合室で耳にそっと流れ込んできたこの曲が、ずっと忘れられなくて。
アゼリン・デビソンという少女の歌っている「ムーンライト・シャドウ」という曲。
一度聴いた瞬間、何だかずっと会いたかったものにようやく出会えたような気がしました。
歌詞を調べてみると、そのとき直感的に湧き上がった感情に間違いはなくて、「月影にさらわれて、はなればなれになった人」に「天国でまた会いたい」という悲しくも強い思いの込められた歌でした。

原曲は70’sの作。マイク・オールドフィールドという人ののかなり有名な曲らしいのですが、恥ずかしいことに私は曲もその歌手も知りませんでした。
この曲を、たくさんの人に伝えたいなあ。伝えてもいいかなあ。
youtubeの動画をお借りしてきました。ぜひ聴いてみてください。

歌詞を紹介しているサイトも見つけたので、ご紹介。

今、鼻歌で「ムーンライト・シャドウ♪」のとこだけ延々と繰り返してて、家族に大変評判が悪いです。
早く英語の歌詞を覚えて、全部歌えるようになりたいです。

以下、歌詞です
The last that ever she saw him,
Carried away by a moonlight shadow.
He passed on worried and warning,
Carried away by a moonlight shadow.
Lost in a riddle that Saturday night,
Far away on the other side.
He was caught in the middle of a desperate fight
And she couldn’t find how to push through.

The trees that whisper in the evening,
Carried away by a moonlight shadow.
Sing a song of sorrow and grieving,
Carried away by a moonlight shadow.
All she saw was a silhouette of a gun,
Far away on the other side.
He was shot six times by a man on the run
And she couldn’t find how to push through.

CHORUS
I stay, I pray
See you in heaven far away.
I stay, I pray
See you in heaven one day.

Four a.m. in the morning,
Carried away by a moonlight shadow.
I watched your vision forming,
Carried away by a moonlight shadow.
Stars roll slowly in a silvery night,
Far away on the other side.
Will you come to terms with me this night,
And she couldn’t find how to push through.

CHORUS
The last that ever she saw him,
Carried away by a moonlight shadow.
He passed on worried and warning,
Carried away by a moonlight shadow.
Caught in the middle of a hundred and five.
The night was heavy and the air was alive,
But she couldn’t find how to push through.
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。