スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『母 住井すゑ』増田れい子著

子供の付き添いで病院に行き、待ち時間をもてあますことが多い私に、母がときたま本をくれる。

今月は長男の眼科通いで暇暇しく、何か読むもんないかと母に泣きついたら『橋のない川』著者の娘さんによる『母 住井すゑ』が来た。

定価1500円がブクオフ価格で105円。105円以上で本を買わないというタイトなルールが、最近の母の楽しみらしい。(私たち夫婦が週間漫画誌をホイホイ買うのを横目でせせら笑っている)

「住井すゑさんって『橋のない川』書いた人じゃん!その娘の本って一体何巻あるのよ!」と反射的に防御体制に入ったけど1冊で終わりだったよかった。

そんなわけで今、増田れい子著『母 住井すゑ』を読んでいる。(橋のない川はまだ読んでいない)
回想録は好きだ。
1930~40年代くらいの茨城県南部の農村生活。人として一本筋の通った母の教えの息づく暮らし。
思い出話が私はなぜかとにかく好きだ。生活や手仕事の描写は美しく、子供の目線に立ち返ってそれをそばで眺めている時間を追体験できるのが好きなのだと思う。幸福の全ては、そこにあったとさえ思える。(あれー、私自身は子供たちにそんな幸福を全然与えていないかもですが)

それにしても、文章がとてもきれい。育ちのいい文章とはこういうものか。文筆を生業としているような人の家庭では、普段の会話さえ洗練されているのに違いなくて、「言葉にする」表現があり、「言葉にしない」表現があり、そのどちらもが一般とはかけ離れて美しかったのだろうと思わせる。ごはんのたけるかまどの煙の一筋にさえ詩情がほとばしっているのには参った。
それにつけても、昔の女性たちの生活の過酷さよ。
井戸から風呂への水運び。タライと洗濯板。かまどでごはん。買い物は徒歩で服は手縫いよ手縫い!!とても真似できない。

ああ、だからこそ、なんだ、と思う。
昔の人の思い出語りに聞く生活そのものが、詩的に美しいのは。
母の母の、そのまた母が、命の輝きを燃やした暮らしがその時代にはあったのだ。

いいところで診察室から「お入りくださ~い」の呼び声がかかり、残念ながら本は中断となっている。日常の合間合間に、ぽろりとタイムスリップを楽しむように本を開く。
住井すゑさんが子供たちに作ってあげた小麦まんじゅうやお赤飯に匹敵するくらいの何かを、自分も子供たちに与えることができるだろうか。そうありたい。
スポンサーサイト

いただいたコメントへの返信に代えて

先日、思いがけない方からとても嬉しいコメントを頂きました。
お返事をする方法がちょっと思いつかず、記事を更新することにしました。
非公開でそっと送ってくださったその方の気持ちを思うと、お名前をここで呼んだり、その方の個人的なことに触れることが出来ません。その方が記事を読んでくれるかも、今はわかりません。

ですので、この記事を、全ての私の「書く友人」へ向けての返信となるように書こうと思います。

まず、今でもあなたが創作活動を続けておられることを知り、とても嬉しく思いました。
あなたの作品の美しかった一文や、印象的な場面を、ふとした時に思い出すことがあります。
創作という手段を知るよりずっと前に体内のずっと深いところで覚えた何か、そのきれいさ哀しさ、ねもとに横たわるもの、作品から感じられたそういう部分をとても好きになりました。
自分にもそういうものがあり、とても大切にしており、大切にするあまり上手く表現できないから、吐き出すように私も作品を書くようになったからではないかと思います。

私のことを覚えていてくださって、ありがとうございます。
私のつたない感想が、人の心に少しでもこうして残ることがあったかと、同時に、感じたままを素直に書いた言葉をまっすぐに受け止めてもらえたことに、どうしようもない喜びを感じています。自信も少し湧きました。

作品のスタイルや、発表の場が変わっても、これからも応援したい気持ちは同じです。以前に作品を読ませていただいたときに感じた、私の奥底を知っている人に出会えたような、忘れられないあの幸福感をまた味わいたいです。
本当に、こうしてご連絡を下さったことが夢のようです。
好きな人の努力が花を咲かせた知らせほど、嬉しいものはありません。
今後のご活躍を、心からお祈りいたします。またいつか、どこかで、作品についてお話できる日を夢見て。


春が来ていたらしい

暖かくて眠い春が

冬眠から目覚めたらブログに広告がびっちり!
ツイッターとかmixiとかに手を広げすぎて、広いウェブの世界で迷子になっててもうみんなお久しぶりでーす

気づけば桜も散り始めてて……桜はどうも苦手なので、散り終わる頃から徐々に元気が出てくる。
どうしてなんだろう桜。
あの、わーっと圧倒される感じが苦手なのかも。
人がわーっと集まる感じとか。
みてみてみてーと主張する感じとか。
桜は小さなお花の集合体だからということで、多勢に無勢の心細さかも。

ほら、人が5人以上周りに集まると息が苦しくなって家に帰りたくなるタイプなもので。






会社が新体制になったら従業員が増えるんだよー。私しぬる。

生きていたいよ。
元気でずっと生きていたいです。

とりあえず今のところ、桜が徐々に散り始めたので徐々に元気を取り戻してきたところです。

一発変換バトン

結構楽しかったように思う。後悔はしていないし少し笑えた。
今日の私は少し笑えた。

続きを読む »

ドライブ!御前岩。

天下の奇岩「御前岩」を見てきました。
場所は栃木県那賀川町。

以下は、息子たちには聞かせられない内容が含まれます


続きを読む »

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。